UUUM staff blog

YouTuberプロダクションUUUM(ウーム)スタッフによる日替わりブログ

おもちゃのプロモーション

プランニングのジーノです。

ブログ投稿は半年に1回くらい回ってくるのですが、毎回書き方を忘れてしまいますね。

 

さて、本題へ。

私が所属しているプランニングでは、クライアント様の課題を解決するために動画のプロモーションを企画提案しています。

 

・新商品のローンチ

・ブランドの認知拡大

・既存商品のリバイバル

など、ぱぴぷぺぽ。

 

特に私のチームでは、玩具を取り扱っていて、子どもたちへのリーチを行う施策を提案しています。

 

 

www.youtube.com

かわいいすぎる。

 

そこで、今回は、未就学児を中心とした子どもたちの情報端末の利用状況とその利用用途を調べてみました。

 

 

 

まず、情報通信端末に子どもたちが日頃どのくらい触れているか

 

 子どもの情報通信端末利用状況(スクリーニング調査結果)

●0歳児の1割が情報通信端末を利用(保護者が見せたり使わせたりしている場合を含む)しており、 その割合は年齢とともに上昇する。0歳児と1歳児は10%台、2歳児と3歳児は30%台、4歳児から 6歳児は40%台、小学1~3年生は51.8%、4~6年生は68.7%

f:id:tsujino_m:20170316073536p:plain

 

0歳児からすでに情報通信端末に触れている子どもたちも10%以上いるのは、私も驚きました。

 

これを母数として、スマホをどのくらいの子どもたちが利用しているかというと下記です。

 

■0~3歳児が7割(68.5%)4〜6歳児は5割(51.5%)がスマートフォンを利用

■0歳〜6歳児は65%〜70%が動画閲覧を「よく利用している機能」としてあげた

出典元:未就学児等のICT利活用に係る 保護者の意識に関する調査報告書

    平成27年7月 総務省情報通信政策研究所

 

f:id:tsujino_m:20170315145718p:plain

f:id:tsujino_m:20170315145752p:plain

 

雑誌やテレビなど、様々な広告宣伝手法がありますが、YouTubeを中心とした動画で

子どもたちに向けたコンテンツの発信は重要ファクターになってきています。

 

動画にチャレンジしたことがない企業の皆様、我々プランニングユニットが最適なプロモーション案を検討しますので、是非、お問合せください。

 

いおりくん、かわいいっす。


家に ゾンビ おばけ!恐怖 心霊 ドッキリ!いおりくんの反応は?お化け屋敷 ウォーキングデッド状態!prank scary

 

ではでは!!